《昨今のSEOはどう?》

内容にもよります…【相互リンク募集】での注意点

SEOでは、リンクするだけよりも相互リンク募集?

昨今の「SEO」はどう?内容にもよりますが、一方向からの支持だけでは効かない場合がある・・・
六月に大きく変わったGoogle検索エンジンですが、特に目立つのが‘大量にリンクすることへの評価’でございましょう。
当然、内容によりますが相互リンク募集の評価に追い風だと思います。

こちらはそもそも論として注意したいのですが、SEOを鑑みるとすれば大量なリンクをすることで高評価、つまりこれで片が付いた。(特にYahoo!SEOが存在したころです)
ただし難点がございまして、規模の大きい業者などが上位独占をしてしまう。言わずと知れたやり放題だ。
これらを避ける意味でのGoogle検索エンジンの評価の考え方はどう? 昨今は特に厳しい。

ここでその内容を示せば当然、相互リンク募集での注意点ではたくさんの人と繋がっていてオリジナリティの高いコンテンツ!で方向性は紛れもなくそっちでしょう。

ということで、Googleの評価についてはもちろん〜サイトの内容によりますが相互リンク募集には追い風となるでしょう。ただし関連度が高くなければならないし、上位になるためにはさらにオリジナリティが必要です。
なんとなくやっていても駄目で、私は相性での評価のようなものがあると考えている!
これは言わずと知れたことだが、ほぼ関連性については問題のないサイトでありつつ適度に差別化もされているサイト同士が得策だ。
Yahoo!SEOが存在したころなら、その内容におよそ関連性がなくても大きく評価が上がることがあったが…なつかしい。。

さて、昨今のSEOはどう?タイトルタグが重大要素です。(つまりこれはページの内容ということです)
ならば相手のタイトルタグはよく鑑みねばならない!そこに優先したい単語が挿入されていないと・・・
ジャンルが異なる大量な発リンク先のみのサイトがよくあるが、昨今は大幅な減点になっている。
評価がこうなると、当然相互リンク募集が良いでしょう^。^

最近のGoogleのSEOにつきまして強引に情報をまとめると・・・
■少なくとも昨今は‘リンクするだけよりも相互リンク募集’です(もちろんページの内容によります)
■たくさんの人と繋がっていてオリジナリティの高いコンテンツが得策
■相性による評価のようなものがあり適度な関連性が必要

これで事足りる。
いずれにしてもだ、随時変わったことをしているGoogle検索エンジンに追いついてる内容のSEOサイトなどは極僅かだろう。。
Google検索エンジンは複雑だから?(ペナルティなど評価が厳しい〜それが実情だが…相互リンクの募集に注意が必要です)
ということで・・・・・ここから〜『GoogleのSEOについて』詳しい情報を紹介します!

検索エンジンで何か調べると〜いろいろなサイトやブログが表示されます。 そのページについては、Googleの人が決めていると言っても良いでしょう。(つまり、順位付けをしている)
上位になるためにSEOをやっていると思いますが… ここで必要となるのがサイトの関連性とオリジナリティ! その中でも相互リンクに関する情報をまとめると・・・

意外なことに、こちらについてはGoogleもサイトで紹介しています。 ”SEO”の中でも特にリンクが重要なのは間違いありません。(最適化)
つまり、ページの内容について〜昨今のGoogleの評価を鑑みるわけです。こちらわからない人がいるかもしれませんが、「ページをより良いものにすることで〜検索結果の上位に表示する」という考え方が合っていると思います。

さて、関連性について考えたことはございますか?
サイトの相互リンクは簡単にできますからみんなやっている。ページを作成するだけです! しかし、上位になりましたか?? わからない部分はその内容でしょう…
最近のGoogle SEOで注意したいのは、「サイトと関連がないページへのリンク」の評価がとても低いということです。 関連性は必要だと考えて下さい。
(ところで、こちらのページの内容はどうでした???)


ビジネスとしては大きく評価を下げることにならないためにも、『Yahoo!SEOからGoogle検索エンジンになった!』のほうもどうぞ^^